2nd Christian Education Seminar Convened in Shizuoka

by Hirata Kazuko, member
Committee on Education, Osaka District
Director of Christian Education, Handago Church
Included among the many ministries of the Kyodan Committee on Education is the important work of supporting church school Christian education. A Christian Education Seminar is conducted biannually. The previous one was held in March 2008 in Shikoku District, where those who serve in church school ministry gathered, had fellowship, and prayed for one another. I highly appreciated this year’s event, which was hosted by Tokai District at Shizuoka Church on March 9. As the speaker, I was greatly encouraged and strengthened by the presence of the 57 participants who attended, despite the rain, and particularly by their passion for Christian Education.
“The Joy of Being Called by God”
(Summary of the seminar presentation)
I serve as the Director of Christian Education at Handago Church, situated at the foot of Kongozan (Mt. Kongo) in Gose City, in the southern part of Nara Prefecture. Although public transportation is not so good, the church sits in a beautiful setting. It was started over 60 years ago by a pastor with physical disabilities. A day nursery stands next to the church, helping the ministry of the church. Children now at this nursery, as well as those who attended in the past, are linked to the church school. Some have become key members of the church. Before I came to serve in my present position five years ago, I was asked to develop the work of church school so that it could contribute further to church growth.
The pastor suddenly passed away three years ago. Even though the church has an interim pastor, in practice, I have been given the task of looking after the church and building it up in the absence of a pastor. There are 20 to 30 children in our church school, which is less than what we had last year. Every Sunday morning, parents drive their children to church to attend church school. Now, parents stay on for the church school service, which is a blessing to us.
Over the past several years, many people have voiced concern about the crisis of church schools in Japan. Kyoshi no Tomo (Teachers’ Friend) has published special features on church school training in various parts of Japan. Many seminars have tackled the issue as well. The situation remains unchanged although various attempts have been made. The social situations children face raise various challenges for us. Church school is not merely a play group for children. It is where God the Creator meets them–the One who created each one of them and who loves them as his treasures. The church, as well as the church school must communicate this to the outside world.
Some people may lament that there are so few children at church, sometimes none at all. The church has gone through various phases in its history. Sometimes multitudes flocked to it. Other times the light was barely lit. Still the church has remained standing, which brings us to the present. As our Lord Jesus taught in the parable of a mustard seed, a small seed is sowed and grows to become a huge tree. What we can do is to sow these seeds. We do not need to hurry. As we sow them, they will bring a plentiful harvest, for the one who gives the growth is our Creator.
For this purpose, I consider it essential to worship God during church school and to preach the Word of God. On this day the Lord sends us his children. On this day I speak from his word to them. The seeds that I have sowed today will surely bear fruit in the hearts of the children.
Another important aspect is the church calendar. We pass on to the next generation the history of our faith, which has been passed on to us over the years. Rather than being discouraged by what we are unable to do, we need to be more creative and have more fun in our program-making. Church school materials contain many new ideas, but we do not always have to do what others are doing. We can create our own material, as suits each situation, and have fun with it. I feel that the Lord has called me into this type of ministry. Let us be encouraged and walk steadily and unhurriedly with the One who guides us as we serve him. (Tr. YY)
弟2回「教会教育セミナー」
      (主題・主の業に召される喜び)
       
  日時・2010年3月9日(火)午後7時~8時30分
  場所・日本キリスト教団 静岡教会にて
 
 教団教育委員会の働きは多くあるが、教会が取り組む教会教育の働きとしての「教会学校(子どもの教会)」を覚えて支えていくことを大切な働きとして位置づけている。この「教会教育セミナー」は2年間に一度、開催される集まりであるが、前回(2008年、3月)に四国教区で開催し、教会教育(「教会学校」)の働きにある教会学校教師の方々、スタッフの方々と共に語り合い、祈りあう恵まれた時を持つことが出来た。今回もまた東海教区の協力のもと、この「教会教育セミナー」を開催することができたことは感謝である。当日は雨天にも関わらず57名もの出席者が与えられ、その方々の教会教育に寄せる熱い思いに、講師を務めさせていただいた私自身が、励まされ、強められたひと時であった。
(講演要旨)
 私が現在、キリスト教教育主事として遣わされている教会は奈良県の南部、御所市の金剛山のふもとにある教会である。交通の不便なところにあるが、教会の周囲は豊かな自然の風景がある。60数年前に、身体に大きな障がいがある牧師の開拓伝道によって教会が設立された。教会の隣の敷地に保育所があり、教会とその働きを連動させている。この保育所の在園児、卒園児だけを対象としていないが、この保育所在園児、卒園児が教会学校に連なり、育ち、教会の中心的なメンバーとなっていく。5年前に、その教会学校の働きを展開して教会形成をと、望まれ赴任した。しかし、3年前牧師が急逝し、代務の牧師を迎えているが、実質、牧師不在の教会を守り形成する働きが現在の私に与えられている。
 教会学校は20~30人の出席人数が与えられている。前年より出席者数は少し減少傾向にある。日曜日の朝、子どもたちが車で、各家庭から教会へ送り届けられて、教会学校が始まる。現在、その子どもを送り届けられるために教会にやってくる家族の方も出席されて教会学校の礼拝は豊かに祝福されて始まる。
 「教会学校があぶない」「どうする教会学校」と数年前から教会学校不振の状況が問題にされ、様々な取り組みがなされてきた。「教師の友」誌の特集でも、各地で開かれる教会学校関係の講習会、研修会でも、その問題が取り上げられてきた。そして、そのことへの対応として、様々な試みがなされてきたが、その状況は同じ状態が続いている。そして子どもの置かれている社会状況はより一層、課題を多く持っている。教会学校は「子ども会」でも「子どもサークル」でもない。子どもたち、私たち、一人ひとりの「いのち」を創られ、ご自分の「宝物」のように愛されている神に出会うところである。教会、教会学校はこのメッセージを発信していかなければならない。
 「でも、子どもが教会にない」「子どもの数が少ない」と嘆く声も聞こえるが、長い教会の歴史の中で、様々な時、時代がある。多くの人が教会に集まった時、教会のともし火が消えかけた時、もあった。しかし、教会はそこに立って、今がある。聖書で主イエスが語られた話に「からし種」の話がある。小さな種だが、蒔かれると大きな木となる。私たちに出来ること、それは種を蒔くことである。あせらずに、種を蒔こう。きっとそれは豊かな実りとなる。この働きの主人公は神さまなのだから。
 そのために、私が教会学校で大切にしていること、それはしっかりと「教会学校の礼拝」を守ること、聖書の言葉を語ること。今日、教会学校に来た子どもにしっかりと、今日、聖書の言葉を語るこを大切にしている。今日、私たちが蒔いた聖書の言葉が、子どもたちの心の中で、育っていく。 そして、もうひとつ「教会暦」を大切にしている。長い教会の歴史の中で、伝えられてきた信仰の歴史を伝える。もうじきイースター、どんなプログラムを予定しているか?あれもできない、これもできないと意気消沈するのでなく、明るく楽しく教会学校を自分から楽しんで活動してほしい。教会学校の分野から生み出された教育方法(ペープサート、絵話し等)も多くある。
 他の教会学校と同じことをしなくてもいい、自分たちの教会の教会学校の働きを楽しんで喜びをもってやろう。その業に私は主から召されているのである、あせらずにぼちぼちとやっていこう。
                  
            吐田郷教会 キリスト教教育主事
                   平田 和子
                     (教団教育委員)