Sharing our Burdens in Christ

by Kumoshikari Toshimi, Kyodan secretary

pastor, Akita Sakura Church, Ou District

 

At the 38th Kyodan General Assembly in 2012, I was appointed to my second term as secretary. As I have done until now, I will continue to “tend to the business of scheduled meetings under the leadership of the moderator and record the proceedings.” (Kyodan Bylaws, Article 15,) Further, I will do all I can to see that the work of the Steering Committee and the General Assembly is done in a manner appropriate to a meeting of the church.

 

That is to say that in all of our meetings, each person in attendance will work for the realization of Christocracy (Christ’s reign). While seeking God’s will through prayer, members will listen intently to the opinions of one another as they confer together. In addition, we will follow the Kyodan Constitution, its rules and regulations, and the general rules of conferencing to make decisions. In order to insure that our conferencing can be done in this way, it is my hope that we can develop a clear path for adherence to faith and order in all the various efforts and decisions of the Kyodan.

 

I also want to advance the continued relief work in areas affected by the Great East Japan Disaster. The damage from the earthquake covers a broad area and comes not just from the earthquake and the tsunami but also from the multiple dangers of radiation. Added to this is the need for the long-term aid necessary for the recovery of the local areas affected.

 

In particular, meeting our national fund-raising goal of one billion yen for the repair and reconstruction of damaged churches and parsonages is an important task. Added to that is the need to continue humanitarian aid in the affected areas. This is being promoted mainly through aid coming from churches abroad. It is our hope that those of you in churches abroad will continue your support through your prayers and your gifts.

 

Finally, as we have seen the many volunteers and supporters from churches abroad working in affected areas, there is the strong realization that the worldwide church is in solidarity with the Japanese church, and we have gained a renewed awareness of that support. In that sense, within the Japanese church, as well as in our relations with churches abroad, we want to pray together for the advancement of God’s Kingdom around the world, and under the mandate of our Lord Jesus Christ, we want to be in solidarity as we “help carry one another’s burdens” (Galatians 6:2). (Tr. JS)

キリストにあって互いに重荷を担い合う 教団総会書 記  雲然 俊美

第38回 教団総会において、二期目の教団総会書記としての働きを担うことになりました。

私は、第一に、これまでのように、「議長のもとで会議の事務および議事の記録にあたる」(教規第15条)ことを務めとし、常議員会および教団総会が、その運営においても、また内 容に おいても、教会会議としてふさわしく整えられるために力を尽くしたいと思います。教会会議としてふさわしい姿とは、まず、それぞれの 会議において、出席している一人ひとりがクリストクラシー(Christocracy  キリストのご支配)の実現のために、祈りの内に神のみこころをたずね求めながら、お互いに相手の意見を真摯に聞き合い、協議する とい うことです。その上で教憲・教規の規定に従い、会議の原則に則って意思決定をするということです。そのように会議が整えられ保たれる ために、教団の様々な決定や諸活動において、信仰職制的な道すじがきちんと整えられることを願っております。

次 に、前総会期から継続している東日本大震災救援活動をさらに推進して行きたいと思います。これは現在の教団の最大の課題です。2年前に発生した大地震による被害は、広範囲であること、地震、津波、そして原子 力発 電所事故による放射能汚染という多重被害であること、さらに、被害に遭った地域の復興の取り組みが長期的になること、といった特徴が あります。特に、被災教会の会堂および牧師館の再建・復興支援については、全国募金(目標額10億 円)の達成が大きな課題です。そしてそれと共に、被災地域における人道的支援を継続して行かなければなりません。これは主に海外の諸 教会からの献金によって推進しております。海外の諸教会の皆様には、今後もぜひお祈りと共にご支援をお願いいたします。

最 後に、東日本大震災による被災地域の教会において、本当に多くの海外の教会からのボランティアや支援者の姿を見かけ、日本の教会 は世 界の教会との連帯の中にあり、支えられているということをあらためて実感しました。その意味で、教団内においても、また、教団と海外 の諸教会との関わりにおいても、日本および世界における伝道の進展のために互いに祈り合い、「互いに重荷を担いなさい」(ガラテ ヤ 6・2)との主イエス・キリストのみ言葉のもとに互いに支え合って行きたいと願っております。