【February 2020 No.406】Kyodan Churches in Eastern Japan Damaged by Typhoons

Fall 2019 typhoon damage to Kyodan churches in Tohoku and Kanagawa districts as well as in Tokyo District’s Chiba and Higashi subdistricts was summarized in the Kyodan Shinpo, Issue 4919.

 

Tokyo District: Chiba Subdistrict

Chiba Prefecture suffered severe damage from three typhoons. The first to hit was Typhoon 15 (Faxai) on Sept. 9, followed by Typhoon 19 (Hagibis) on Oct. 12, and then Typhoon 21 (Neoguri) on Oct. 25, which broke records for the most intense rainfall ever recorded there. Typhoon 15 was a giant typhoon,with wind that gusted over 57 meters per second (127 mph), which had never been experienced before. This resulted in unprecedented power outages besides direct wind and rain damage, leaving the South Boso area in chaos. Railroads could not operate, and their recovery was slow, with trains from Tokyo being stopped for any destination beyond the Makuhari area.

 

Of course, houses and churches in Tokyo District’s Chiba Subdistrict sustained damage, and Chiba Subdistrict churches especially have been trying to support Kanita Church and “Kanita Women’s Village.” Chiba Subdistrict has been partnering with the organization “CRASH Japan” (Christian Relief Assistance Support Hope) to send volunteers to the area, centering on Chiba Uchibo Area. During Typhoon 19, the outer walls of Choshi Church were torn off.

 

Tokyo District: Higashi Subdistrict

The churches most affected by the typhoon in Higashi Subdistrict, were Habu Church as well as Oshima Motomura Church and its associated childcare facilities, which are located in Oshima, Izu Islands. At Habu Church, the roof over the altar portion of the sanctuary was destroyed, and the inner walls collapsed, exposing the new copy machine, the office computer, and the printer to rainwater. The outer walls were damaged in numerous places, and the church signboard was destroyed, with the heavy acrylic cover being blown away. At Oshima Motomura Church, the roof tiles and rain gutters were broken, with the damage to the kitchen area being especially severe.

 

Tohoku District

In Tohoku District, Typhoon 19 resulted in flooding beneath the sanctuary of Kakuda Church and rainwater leaks, along with the adjacent kindergarten grounds being covered with mud and the kindergarten bus being submerged under water. At Kawamata Church, part of the sanctuary was under water and mud flowed into the grounds. Iwaki Church had standing water beneath the sanctuary floor and 15 cm of water in the parsonage. At Motomiya Church the water was almost 2 meters deep in both the sanctuary and the kindergarten. Other churches and their associated facilities were also damaged, totalling 13 churches in all. Likewise, many homes of members and staff experienced flooding and landslide damage.

 

Tohoku District sent volunteers to help with mud removal and cleanup at both Motomiya and Iwaki churches. Over a five-day period, a total of 25 volunteers from both inside and outside the district participated. At the parsonage of Iwaki Church, volunteers removed the flooring of one room so they could dig out the accumulated mud and from there go beneath the adjacent rooms to scrape out the mud from under the rest of the house.  Work to repair both Motomiya and Iwaki churches will be done by professionals. The district has set up a “Typhoon 19 Relief Budget for Affected Churches” to fund these repairs.

 

Kanagawa District

Churches in Kanagawa District experienced flooding, particularly in the Kawasaki and Tsurumi area. Shukugawara Church, Mukaigawara Church, Kawasakitode Church, and Kawasaki Church all were flooded above floor level. Each of eight churches had damage exceeding a million yen.

(Tr. TB)

—Summarized by Kato Makoto, Kyodan executive secretary

 

東京教区千葉支区・東支区、東北教区、神奈川教区の、2019年秋の台風被害報告

○千葉県は三度にわたる大きな災害を被った。九月九日の台風一五号、十月十二日の台風一九号、そして十月二十五日の台風二一号の影響による記録的短期間豪雨である。台風一五号は、最大瞬間風速五七メートル超の今まで経験したことのない大型台風であった。特に大規模停電や風雨による直接被害で、南房総地区は大きな混乱状態となった。千葉市は10日明け方、台風一五号の通り道となり、道路標識は根元から曲がり、信号は横を向き、街路樹が倒れるなどの被害があった。中心部近くでも停電し、交通網は混乱した。当初、朝九時には動き出すと言われたJR、私鉄各線も復旧が進まず、東京方面からのJRは幕張以遠が終日運休となった。

千葉支区内の教会も建物被災、樹木の倒壊、停電により多くの困難があったが、とりわけ、かにた教会、かにた婦人の村と館山の住居の被災は今なお続き、クラッシュジャパンと協力しつつ、千葉内房分区を中心としてボランティア派遣を行っている。台風一九号では、銚子教会の外壁がはがれた。

 十月二十五日の豪雨では教会自体は多少の雨漏りなどだったが、地域によって大きな被害があり、避難所で過ごした信徒たちがいた。野田教会は江戸川の、佐原教会と小見川教会は利根川の警戒地域にあり不安な時を過ごした。

 

東支区での主な台風被害は、大島の波浮教会、大島元村教会と関係保育園。

◎波浮教会は、会堂の講壇側の屋根が破損し、内壁が落下。窓枠の隙間からも雨が吹き込み、床に水が溜まった。牧師執務室の窓が割れ、まだ新しいコピー機も、パソコンやプリンターも水浸しとなった。前年に床の上張り工事をしたばかりだった応接室の床は、水溜りになった。物置のトタン屋根と外壁が剥がれて飛散し、他所から飛んできたトタン屋根も教会の庭に大量に集積した。外壁は多数の損傷を受け、教会看板が壊れて重量のある透明アクリル板も飛ばされた。波浮教会は12月第一主日まで、大島元村教会で、合同主日礼拝を守ることとなった。

◎波浮保育園は、屋根の防水シートが剥がれ落ち、保育室が使用不可。園舎の窓が割れ、クーラーが一台損壊。組み立て式のプールが鉄門扉を飛び越え、都道と駐車場も越えて奥の畑に飛ばされて破損。

・信徒の被害  電柱が5本ほど倒れて停電し断水も続いた。屋根や瓦が飛ばされるなどの他、木が家に倒れ、物置やブロック塀が壊れ、板塀が飛ばされた。被災によるストレスのため耳が聞こえなくなる症状も出た。

◎大島元村教会は、教会堂の屋根瓦・雨樋が数か所破損。サッシの隙間から雨水が大量に侵入し、一階と二階のそれぞれ台所の被害が大きかった。会堂の外の浄化槽ブロワーが破損。牧師館では2階で雨漏りが発生。

◎北ノ山保育園  台風後に浄化槽ブロワ―が壊れた。

◎信徒の被害。車庫の屋根が飛ばされ、飛散物により自動車が破損したり、全損など。停電のため冷蔵庫内の食材が使用不可となり、冷蔵庫も故障。水道管破裂。自動車が使用できず生活の多方面で不都合が生じた。(藤盛勇紀報)

 

東北教区は、台風19号で、角田教会会堂が床下浸水と雨漏りし、付属幼稚園の園庭に土砂が流入、園バス等が水没した。川俣教会は会堂の一部が床上浸水、敷地内に土砂が流入した。磐城教会は会堂が床下浸水、牧師館は床上15㎝の浸水被害を受けた。本宮教会は礼拝堂と隣接の幼稚園園舎が2m弱の浸水被害を受けた。

 仙台愛泉教会では、園庭に土砂が流入、原町教会ではカーポートが破損、鹿島栄光教会、中村教会では断水が発生するなどの被害が生じた。これらを含めた13の教会・附帯施設において、教会員宅や職員宅の浸水や土砂流入の被害も多数発生した。

 教区は、本宮教会・磐城教会に対して泥出し・清掃等のボランティア作業を行った。5日間、教区内外から延べ25名がボランティアに参加した。本宮教会は会堂の床一面に2ミリほどの泥が堆積しており、会堂ベンチなどの備品類もほぼすべてが泥に覆われていた。泥をブラシで掻き出したり、雑巾で拭きとり、屋内の清掃は概ね完了できた。磐城教会では牧師館の和室の床板を外し、床下の泥の撤去を行った。またそこから他の部屋の床下へと潜っていき泥を掻き出した。本宮教会・磐城教会ともに今後は専門業者が入り本格的な修繕を行う。教区は「台風19号等被災教会支援会計」を設立し運用していく方針を立てている。

 

神奈川教区では、特に川崎・鶴見地区において、浸水被害を受けた教会があり、宿河原教会、向河原教会、川崎戸手教会、川崎教会が床上浸水した。

 東湘南・西湘南地区では、台風15号で「風害」を受けた教会が多くあり、藤沢北教会、辻堂教会では、教会の垂れ幕や看板が吹き飛ばされた。鎌倉教会では、教会堂の屋根のトタンが吹き飛ばされたばかりではなく、牧師館の屋根が歪んだ。

 横浜地区でも、六角橋教会が、雨樋からの水が建物内に侵入し、一階、二階部分が水浸しになり、被害額は甚大である。神奈川教会も倒木の被害を受けた。

 西湘南地区、湘北地区は台風19号による被害を受けた。小田原十字町教会は雨漏りが激しく、三・一教会も天井全体が雨漏りした。他にも被害教会はあり、100万円以上の被害に遭った教会・伝道所が、8教会に上った。